ビタミン注入して元気モリモリ

妖怪ウォツチにのせられて

読了までの目安時間:約 2分

 


 大ブームの妖怪ウォッチ、当然我が家もブームに乗っかっています!もともとは小学生の長男が3DSでのゲームソフトを買ったのが始まり。去年の夏あたりだったかしら。なにせ初めて3DSを購入して初めてのソフトが妖怪だったので、下の妹弟も興味津々。家族で妖怪にはまってしまいました。今年のあたまからアニメが始まり、当然それもみんなで見始めて大流行。世の中もアニメ開始とともに、妖怪大ブームが巻き起こったように思います。ゲームを持っていない小さい子どもたちも見られますもんね。

 おもちゃの妖怪ウォッチも、買占めて転売する大人のことが話題となってますが、今回が初めてではないような気がします。仮面ライダーのベルトのおもちゃなども、数年前からネットで高値で転売する話をよく聞きます。クリスマスシーズンなどはもう大変。子どもの願いを叶えたいと、私の友だちもネットで高く購入してました。親心をついてくるところがひどいですよね。

 それにしてもこの妖怪のお話がよくできていて、まずはネーミングからして、バクロ婆(暴露からきている)、ぜっこう蝶(絶好調からきている)、じがじぃさん(自画自賛からきている)、などなど大人から見ても面白いし笑えるし、ある意味感心してしまいます。アニメのストーリーも小学生から見て、あるなぁそれ、というネタが満載。ブームになるのもものすごくよくわかります。

 我が家では、この妖怪ブームがポケモンと同じようにずっと続くのかをよく話題にします。長男は未来の自分の子どもに「お父さんが子どもの頃に始まった」と自慢したいそう。本当に自慢できたりして!と思ってます。

 

未分類   コメント:0

この記事に関連する記事一覧